シアトルに行ってきました。AMAZON編

今回のツアーで回ったのは以下になります。

  • フルフィルメントセンター(配送センター)
  • アマゾン本社DAY ONEビル
  • DAY 1 Home Lab(スマートホームの実験展示施設)
  • The Spheres(温室のようなワークスペース)
  • Amazon Go(レジレスコンビニ)

フルフィルメントセンター(配送センター)

AMAZONフルフィルメンター
AMAZONフルフィルメントセンター

北米最大級のAmazon.com の配送センターを見学させていただきました。
今回訪れたのはシアトル郊外にある全米で140以上あるうちの配送センターの1つです。
シーズのお客様も製造・配送・倉庫業なども多く、私自身の実家も工場をやっていた関係で非常に興味がある見学でした。
世界最先端の仕組みはどうなっているのか。また今に至るまでの改善をどういう風にすすめてきたのか。働いている人の雰囲気、モチベーション、待遇などをどうやっているのか。
内部の撮影はNGでしたが、事細かくメモをとってきました。

配送センターはこんな感じでした(イメージ)

シアトルフルフィルメントセンターで働いている人2000ぐらい。
多いときは5000人になる。(クリスマスシーズンなど)
6000のロボ(ドライブトレー)。6万個のトレー(黄色の箱)。一日30万個、多いときで100万個の配送を行う。

西垣メモより

配送における「入庫処理」ですが、アマゾンでは入庫する棚は決まっていません。 四方を檻に囲われた巨大な在庫スペースがあり、その中を商品を詰める棚を載せたドライブトレー(ロボット)が走り回っています。檻の周りにはユニバーサルステーションという入庫処理などを行うドッグが配置され人が作業をしています。
入庫の際は、ユニバーサルステーションまで空きのあるドライブトレーがやってきて、どこに詰めても良い仕組みになっています。どこに詰めているのかはカメラやセンサーですべて管理されており、逆の出庫(ピッキング)時にも同様に ドライブトレー が人の前にやってきて「これを取れ」とモニターとライトで指示されます。
つまり人が動き回ることが一切ありません。
商品にRFIDなどもついていません。入庫時の荷姿、大きさ・重さなどを過去のデータと比較して決まっているそうです。

梱包は逆に手作業もありそこは少し意外でした。
具体的にはダンボールを選ぶ(とはいえどれを取るかは指示がある)とか、テープを貼る(とはいえ必要な長さに自動カットされている)作業は人がやっていました。
後で話を聞くと、テクノロジーだけでなく全体最適化を考えてやっているからだそうです。

日々の作業は常にカイゼンを図っているようで、改善提案はベゾス主催のJust Do Itアワード(とにかくやれ賞)で表彰されるようです。
商品はナイキのスニーカだそうです。

アマゾン本社DAY ONEビル

左奥がDAY ONEビル

アマゾン本社はシアトル市内ダウンタウンにあるDAY ONEビルといいます。(DAY ONEの名前の由来はベゾス氏のDAY ONE哲学からだそうです)
一階にAmazonGoがあります。
その手前の丸い近代的な建物はThe Spheresというアマゾン社員用の憩いのスペースです。
また右の建物はAWS本社で、ちょうど数日前に移転してきたばかりです。
この辺だけで52個のビルにアマゾン関連施設がはいっているそうです。

アマゾン本社で一番驚いたのは、犬を連れた社員が多いこと。
犬を連れて出勤がOKだそうです。自分の机の下で賢くしているそうです。

DAY 1 Home Lab

DAY ONEビルの30階にあるスマートホームの実験展示施設です。
アレクサと接続されたテレビ、電子レンジ、シャワーなどスマート家電が展示されていました。
たまたま説明員がいらっしゃらなかったというのもありますが、使いこなせないスマート家電は逆にまどろっこしいなと感じました。
なんでもかんでもIT化すれば良いわけでなく、ニーズを満たすもの、便利になるものでないと普及はしないだろうなと思いました。
まあ実験施設なのでこれからさらに発展していくんでしょうけどね。

The Spheres

アマゾン社員用温室のようなワークスペース

本社の隣にある温室のようなワークスペースです。ガラス張りの施設の中は本当に温室になっていて湿気があり亜熱帯あたりの植物がたくさん植えられていました。先週までラフレシアの花が咲いていたそうです。
一応ここはワークスペースということで、近くのビルから社員がやってきてこの中でくつろぎながら作業する人もいるようです。
シーズも社員がリラックスして働けるような環境を心がけていますが、アマゾンさんは植物園を作ってしまう規模でされており圧倒されます。

Amazon Go(レジレスコンビニ)

amazon go

レジの無い最先端のコンビニです。
店の外・中も観光客がたくさんいました。

amazon goはカスタマーのニーズに基づいて「こんなのがあればいいな」からの発想で生まれたそうです。
walk in ,take stuff, just leave.(店に入って、商品をもって、そのままでる)
Just walk out!」がコンセプト。

技術的には、フルフィルメントセンターでも使っている画像認識、センサーなどをフル活用しているようです。
AWSにあるレコグニションもその関連技術ですが、goはそれ以上の技術のためレコグニションは使っていないそうです。
RFIDは検討はしたけど使っていないそうです。電子レンジで温めたら提供側に責任が発生するとか、距離が近いと問題が生じるとか。

2019年7月現在で全米で13店舗あるそうです。1週間で1店舗オープンする勢いで拡大していて今後も拡張を予定しているそうです。レジレスが本格化するとかなりすごいことが起きそうな気がします。

現地で使った感想ですが「こんな便利なものは無い」と感心しました。
並ばなくていいし、財布を開けたり、カードを渡したりする必要もないし、本当にあったらいいなコンセプトの「店に入って、商品を手にとって、そのままでるだけ」が実現されています。
日本では最近ユニクロのレジが無人(セルフレジ)になって便利だなぁと思っていましたが、「そもそもレジが無い。レジレス」はさらにその先を行く技術なので、これでまた世界が変わるではと思います。


シアトルに行ってきました。EBC編

2019年7月8日から一週間、AWSパートナーのためのExective Briefing Centerツアー(EBC)に参加してきました。

シアトル

Exective Briefing Center (EBC)とは、AWS社が世界中のAWSパートナー企業経営者、エンジニアと議論や情報交換を行い、お互いの協力関係・ビジネスを強化する場所です。
今回のツアーではEBCでの2日間のセッションを始め、Amazon本社、フルフィルメントセンター、the spheresなどをご案内いただき、多くの刺激をもらうことができました。
またシアトルの街自体がUber、JumpなどITを活用した先端サービスが当たり前に生活に溶け込んでいましたのでそれらも紹介したいと思います。

EBCで得たこと

EBCセッション

■AWSはどうやってサービスをリリースしているか
AWSは顧客主義を徹底している。そのためにサービス企画ではPR文の作成から入る。顧客に響くPR文になっているかを徹底的に議論しそれを実現するためにエンジニアリングを行う。(日本でよくいうマーケット・インの発想だと思いました。日本でも営業マンが夢を売ってくるのと同じとも)
役員会議でも黙々と赤ペンを入れるところから始まる。
担当者は企画から運用まで責任をもって推進する。
各チームはピザ二切れで賄える規模(2枚ピザ理論)になっている。
大きなサービスを役割分担するのではなく、小さなサービスに分解して運営まで責任をもたせるようにしている。
パワポ大嫌い。テキストベース。

■クラウド移行について
クラウド移行はまずはリフト&シフトから。その後クラウド最適化を図るのがベスト・プラクティス。
リフト&シフトで約20%コストダウン。最適化を進めるとトータル50%コストダウンも可能な事例がある。まずはそれを目指そう。80%コストダウンできたこともある。
コストだけでなく、ダウンタイムの縮小、メンテナンス性、可用性など多くの定量化できないメリットも多い。

■これからのSIerはどうすべきか
日本では技術的負債に80%のエンジニアが従事している。(アメリカも同様だが)この割合をクラウドなどのイノベーティブな仕事の割合が増えるように努力していかないといけない。
そのためにはどうするか。上記リフト&シフトを手始めに、クラウド最適化できるエンジニアを育てる。
プロジェクトの機能を分解しマイクロサービス化を推進する。
技術者をお客様に近づけ運営責任をもたせる。

企業タイプ別に沿った提案を心がける。
企業には3タイプある。
クラウドネイティブ ・・はじめからクラウドで設計されている会社
クラウド移行中   ・・クラウド移行を積極的に推進している会社
クラウド中立    ・・レガシー。クラウドにメリットがあれば移行
お客様はどのタイプかを見極めて適切な提案ができるようにならないと行けない。
シーズではどの会社様もいらっしゃるので、この違い強く意識して提案を心がけていかないといけない。

■パートナー企業の棲み分け
アメリカで起こっていることが2年後に日本にくる。
アメリカではパートナーの棲み分けは終わっている。作るか使うをはっきりさせよう。
EC2の話はもうない。データレイク、マネージド・サービス、サーバーレス 多い。
選択と集中をやる。AWSパートナーとしての棲み分け。シーズはどこにフォーカスすべきか。

■その他印象に残った話
AWSでは1時間のMTGはない。特にエンジニアに参加してもらう場合15分単位。
メインフレームのマイグレーションはサーバーレスにぴったり。JAVAでは厳しかったがサーバーレスの思想には合っている。40年の時間を超えて動き出した。

最後に

AWSはこれからのクラウドファーストの時代においてますます重要となり、むしろ当たり前のサービスになっていきますので、弊社もWeb開発会社としてさらに力を入れて取り組む予定です。
すでにクラウドネイティブの会社様も、これからクラウドを強化しようとされている会社様も、クラウドってなに?って会社様も弊社ではお力になれる提案をもっておりますのでお気軽にご相談ください。