2020年度内定式を行いました

こんにちは、シーズ代表の西垣です。
先週、来年4月新卒入社6名の内定式を執り行いましたのでそのお話をしたいと思います。

はじめての内定式

シーズ設立15年目で内定式は初めてのイベントでした。
新卒はほぼ毎年とっているので入社式はもちろん、やっているのですが、今年は採用人数が多いこともあり今年からやることにしました。

内定式

私の方からは、シーズを選んでくれたことへの感謝や、会社が目指していること、みんなへの期待、仕事・実践を通しての経験が一番成長につながり特に失敗から学ぶことが大事というお話をさせてもらいました。

内定者
2020年度内定者

今期からシーズは
WEBサイト構築事業部
クラウド事業部
印刷業界向けWEBソリューション事業部
の3つの事業部に分かれており、内定者はそれぞれの事業部へ配属となります。各事業部部長の挨拶と事業部紹介のあと、それぞれ配属先が発表されました。

シーズどらやき
記念品「シーズ内定どら焼き」

記念品にはシーズ内定どら焼きを配りました。
社会人(といっても4月からだけど)になると今までお世話になった人や社会に恩返しをしないといけない。常に分け与える気持ちを持ってもらいたいという意味で
1つはいままでお世話になった親御さんに(もしくは想いながら食べる)
1つはこれからもお世話になる友達に (もしくは想いながら食べる)
1つは自分で食べてください。
と配りました。

内定懇親会
内定懇親会

その後、社員交えて全員で懇親会に行きました。
過去最高の予約人数でした。

内定者テーブル
シーズどら焼き
さっそく社長どら焼きを食べる内定者w

じつは内定者は全員、アルバイトに来てくれており、4月入社をまたずに即戦力になろうと頑張ってくれています。中にはすでに社員と肩を並べられるレベルの人もおり頼もしい限りです。
現社員、内定者みんなで切磋琢磨して、お客様のご期待を超えるシーズであり続けられますように努力していく所存です。今後ともよろしくお願いいたします。

よろしくお願いします!

AWS資格者が増えてきました

こんにちは、シーズ代表の西垣です。
シーズではAWS認定パートナーとして社員のAWS資格取得を積極的に推進しています。
2019/10/25現在、社員数24名+内定アルバイト6名の合計30名のメンバーのうち資格をもっているのが合計10名となりました。

AWS認定資格は合計11種類あります

AWS認定資格は、毎年細分化されどんどん増えていて現在11種類の資格があります。
エンジニア向け5つ、営業向け1つ、専門知識5(機械学習、セキュリティーなど)

AWS認定資格一覧
AWS認定資格より

このうち我々のようなシステム開発会社に向いているのは、左側のソリューションアーキテクト(AWSを活用してシステム設計・運用などを行う人向け)のプロフェッショナル、アソシエイトの2つと、営業向けのクラウドの基礎知識を問われるクラウドプラクティショナーの合計3つが主な資格となります。
シーズではこの3つの資格取得を推進していて、資格保有の内訳としてはこのようになりました。

  • ソリューションアーキテクト プロフェッショナル 2名
  • ソリューションアーキテクト アソシエイト 5名
  • クラウドプラクティショナー 3名

資格取得のメリット

AWS認定資格はもちろん勉強をしないととれないのですが、勉強だけでとれるものではなく、アソシエイト以上になってくると実務経験としてマネージメントコンソールを使ったことがないと点数が取れないような試験問題にもなっていて、資格を持っていることはAWSに関わっている人から一定の評価を得ることができます。
そのため持っていると自信がつき、お客様に対して説得力のある提案ができるようになります。

資格取得のノウハウも溜まってきました

AWS試験は持ち出しを厳格に管理されているので、虎の巻のようなものはなく(少なくとも正規ルートでは)、シーズでは先輩受験者のアドバイスをもとに対策をどんどん蓄積しているので最近は合格率がどんどん上がってきたように思います。

AWSソリューションアーキテクトアソシエイト(SAA-C01)に合格しました

AWSソリューションアーキテクトプロフェッショナル(SAP-C01) に合格しました

もしシーズのお取引先様で社員の資格取得にご興味がありましたら是非遠慮なくご相談ください。AWS導入のご相談も大歓迎ですが、資格取得のご相談も大歓迎です。

AWSの盾が届きました

ガッツポーズするCTO原口とAWSの盾をもつ西垣
ガッツポーズするCTO原口とAWSの盾をもつ西垣

AWSからパートナーの盾( Branded Plaque )が届きました。
会社の玄関によくあるクリスタルの表彰のやつです。
ずっしりとした重みとひんやりとした手触りで、やる気とテンションを上げてくれます。

APN Branded Plaque
APN Branded Plaque

なぜこれが届いたかというと、AWSパートナー(APN)としてシーズさん頑張ってくれよというAWSの想いが送られてきたのだと思っています。

めざせ!アドバンストパートナー

AWSのパートナー制度は、上からプレミア、アドバンスト、セレクト、レジスタードの4つあり、シーズは今はセレクトです。
今年中にアドバンスド昇格目指して社員一同頑張っています。

APNコンサルティングパートナー階層(APN Tier)
APNコンサルティングパートナー階層(APN Tier)

昇格要件はいろいろあるのですが、そのうち「資格保有者の数」がなかなかハードルが高く、やりがいのあるチャレンジとなっていています。
資格を簡単に言うとアソシエイトとその上位のプロフェッショナルの2つあり、アソシエイトの方は車の免許で例えると、2ヶ月ほど教習所にまじめにコツコツ通えばだれでも免許がもらえるのが「アソシエイト」、プロフェッショナルは「一発免許」で合格できるレベルの難易度があります。
(ちなみにシーズは社員の仕事を休ませて教習所に2ヶ月通わすほど余裕のある会社ではないので基本OJTや空き時間に勉強してもらって試験に臨んでもらうのでアソシエイトといえど簡単にとれるわけではありません)
プロフェッショナル試験の難しさは先日取得したうちの原口のブログに詳しいので見てください。

シーズクリエーターズブログ
AWSソリューションアーキテクトプロフェッショナルに合格
そして、あと二人シーズからこの資格を頑張ってとってもらう必要があります。

アドバンストになるとどういうメリットがあるかというと、リセラーとしてお客様にAWS料金の割引ができるようになります。(厳密にはアドバンストだけの要件ではないですが)
またAWSからの支援も増えるので3社(お客様=シーズ=AWS)がWin-Win-Winとなる関係がより強化できます。
これからの世の中、AWSが当たり前となる世の中で、シーズはその案内人としてより上のステージで活躍できるよう頑張っていきたいと思っています。
よろしくお願いいたします。